ラサーナトリートメント解析

ラサーナトリートメントは人気の商品ですが、実際に使う事を考えると、ラサーナトリートメントの成分解析が気になるという方も少なくないようです。。
自分の髪に使うのですから、やはりどんな成分で出来ている商品なのかはチェックしたいと思われるのは普通の話ですよね!

 

ラサーナトリートメントの成分

 

水、エタノール、グリセリン、海水、褐藻エキス、カギイバラノリキス、エクトイン、γ-ドコサラクトン、ベタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、 ケープアロエエキス、ポリクオタニウム-7、ダイズステロール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、プロパンジオール、BG、PEG-12 ジメチコン、フェノキシエタノール、香料

 

全成分は、上記のような感じですが、その中で気になる成分を少し上げてみたいと思います。。

 

髪の毛にハリやコシを与えると言われている成分

 

褐藻エキス、カギイバラノリキス、エクトイン、γ-ドコサラクトン、ベタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

 

髪をコーティングしてキューティクルの保護に良いと言われている成分

 

ポリクオタニウム-7、ダイズステロール、ジメチコン

 

ラサーナトリートメント解析で言える事は、今 人気の階層エキスが非常に多く含まれていて、しかも、アミノ酸やミネラル分が多いと言われているフランス・ブルターニュ産の海藻エキスを使っているのでお勧めだと思います。 また、シリコンが含まれているのですが、商品自体の他の成分とのバランスも非常に良いので、気になる髪のパサつきなどを抑えて保湿されますし、キューティクルにも効果があると思います!

 

>>ラサーナトリートメント 公式サイト